再婚しよう【バツイチでもすぐに結婚できる婚活のコツを伝授】

親しくなるために

共通点から

男女

合コンは、数ある婚活方法の中でも、気軽に参加できるものとして人気が高いです。仲間内の飲み会感覚で出会いを果たすことができるため合コンは参加しやすいのですが、いざ参加して初対面の異性を目の前にすると緊張で話題に困るものです。いくら婚活目的と言っても、はじめから結婚の話題を出すのは、引かれてしまう可能性が高いので避けることが無難です。まずは、お互いのことを知り、親しくなっていくことから始める必要があります。そのためには、共通点を見つけることが効果的です。出身地や趣味といった話題であれば、簡単に共通点を探ることができます。これは、出身地や趣味が同じである必要はなく、この情報を聞き出すことによって、話題が広がり共通の話題が生まれます。そこから何かしらの共通点を見いだせれば、今度どこどこに行ってみよう、などとデートにつなげることができます。それから、親交を深めていくには、家族構成などの身内の話をすることも効果的です。身内の話題は、プライベートな内容のため自分から切り出します。プライベートな内容を話されると、信頼されている気分になるので、親密さが増し、相手も自然と身内話をするようになります。婚活目的の合コンである際は、家族になる人という意識を働かせることも大切です。身内話から、相手の家族観を探ることもできます。また、将来の夢を話題にしても、この人と未来をともにすることができるのかの判断基準になります。婚活目的で合コンに参加するなら、将来を見据えた話題も忘れてはいけません。

1対1で会話するパーティ

乾杯

大阪で開かれているお見合いパーティーは、婚活パーティーの企画の1つで個室で行う少人数制のパーティーです。静かに落ち着いて相手と会話できることから近年人気上昇中の企画となっています。お見合いパーティーは大手の結婚相談所や大阪の民間業者が定期的に開いており、参加するには事前の予約と料金の支払いが必要です。お見合いパーティー当日は、本人確認になるものを持参して受付で提示します。本人確認は運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票のいずれか1つとなっています。大阪のお見合いパーティーでは証明書を忘れると主催者からパーティの参加を断られる可能性もありますので注意しましょう。本人確認が済んだら相手に渡すためのプロフィールを作成します。相手はこのプロフィールと会話の内容で条件や相性を確認していきます。会話時間は約10分間に設定しているところが多く、終了したら次の相手と交代して会話します。気になる相手がいた場合は、チェックシートに番号を記入し主催者によるカップリングの発表を待ちます。カップリングが成立した方は、会場外で連絡先を交換します。大阪のお見合いパーティーでは、必ず参加者全員と会話できるように配慮されており、効率よく相手を探すことができます。お見合いパーティーは会話時間が長いので、相手をよく知り理解を深めることができます。通常の婚活パーティーでは気になる相手に声をかけることができないという方にもおすすめです。参加費用は男性よりも女性が低額に設定されており参加しやすいパーティーとなっています。

けじめをつける

婦人

恋愛をするにおいて、年の差はあまり重要なこととは言えません。年の差があるカップルでも、うまく付き合って結婚まで至り、その後も幸せに暮らしている人はたくさんいます。しかし、やはり年の差が原因となって喧嘩になってしまったり、価値観が合わないと思ってしまったりすることがあるのも事実です。特に、社内恋愛をしている場合にはそのようなことが多いと言われています。社内恋愛にて、年の差があるというのは大抵、男女どちらかが先輩、または上司というポジションにいます。そうなると、仕事上ではきちんと先輩や上司として接しているため、プライベートでのけじめがつきにくく衝突してしまうことが多いのです。社内恋愛をしいる場合、このけじめのつけ方が長続きさせるための重要なポイントになります。例えば恋人に上司として怒られた場合、その空気をプライベートな場面にまで引きずるのはNG行為です。仕事中はきちんと上司として相手をたて、プライベートでは楽しく過ごすことで、仕事も恋も充実していきます。また年の差カップルでよくあるのが、ジェネレーションギャップです。流行言葉や、昔流行った歌などを知らないなどジェネレーションギャップを感じる場面は様々です。そのような場面になったときは、落ち込まずにその状況を楽しむことが大切です。お互いが知らないことを教え合うことで、楽しい恋愛関係を維持することが出来ます。社内恋愛で結婚するカップルも多いため、上記のようなことに注意して愛を育みましょう。