再婚しよう【バツイチでもすぐに結婚できる婚活のコツを伝授】

それぞれの仕組みを知ろう

データマッチングと仲人型

手

結婚相談所を利用するためには、必要な入会金等を支払い、プロフィールを登録し、正会員になる必要があります。正会員になることで、様々なサービスを利用できます。マイペースで婚活できるのが、データマッチング型の結婚相談所です。データマッチング型の結婚相談所の場合、メインサービスにマッチングサービスがあります。相手に希望する年齢、所得、身長、趣味、特技、地域などを登録しておけば、それに合った人を紹介してくれるサービスです。無料で紹介してくれる場合もあれば、3000円程度かかる場合もあります。データマッチング型の結婚相談所は名古屋にもあります。名古屋はもちろんのこと、全国各地の正会員とのマッチングサービスに対応しています。地域密着タイプの結婚相談所のことを仲人型と言います。名古屋の地域密着タイプの結婚相談所は、名古屋市内在住の人とお見合いしたい人に最適です。プロフィール登録をして正会員になれば、お見合いをするチャンスが与えられます。お見合いは1回あたり6000円〜1万円が相場です。最初は無料だったり、割引サービスがある仲人型結婚相談所もあります。データマッチング型と違うのは、カウンセラーがしっかり面倒を見てくれるところです。消極的で異性と話せない人などは、仲人型結婚相談所が向いていると言われています。カウンセラーがきめ細かく支援してくれるので、データマッチング型で無理だった人でも結婚が近づきます。

自分に合った方法を選ぼう

男性と女性

結婚を意識した出会いを求めているけれど、普段の生活ではなかなか異性との出会いの機会がないという人も多いといわれています。そのため、現在では真剣に結婚相手を求めて婚活を始める人も少なくないといわれています。婚活の方法としては、インターネットの婚活サイトを利用するネット婚活と呼ばれる方法や婚活パーティーに参加する方法、結婚相談所に登録して活動する方法などがあります。これらを比較するとネット婚活は最も手軽に始めることが出来て、手軽な料金で自分のペースで行えるというメリットがありますが、効率的に多くの人に会うのは向いていないという傾向があります。婚活パーティーの場合、一度に多くの人と出会うことができるので、出会いのきっかけを増やすという意味では婚活パーティーへの参加が最も効率的であるといえます。結婚相談所については、最も利用料金が高額となる傾向がありますが、身元確認がもっともしっかりしていて結婚に対して真剣な会員が集まっている傾向があります。そのため、30代以上で真剣に結婚を考えているのであれば結婚相談所を中心に活動してみることをお勧めします。結婚相談所への入会にあたっては、複数の結婚相談所のサービス内容や料金体系、サポート体制などをしっかりと比較検討したうえで入会を決断するのがよいといえます。相談所の紹介による二人きりのお見合い以外に、結婚相談所の会員限定の婚活パーティーを開催している場合もあるので、積極的に出会いの機会を増やす行動をしてみるのがよいといえます。

良縁を見つけるまで

赤い糸

結婚相談所のサービスは「お見合い」が基本です。東京の仲人型の結婚相談所を例に挙げると、最初にするのが資料請求と無料カウンセリングです。東京にも沢山仲人型結婚相談所があるので、とりあえず沢山比較することや、アドバイザーの質を確かめることが大切です。一つに決めたらサロンに行って入会の手続きをします。独身証明書や収入証明書などが必要になることがあるので、事前に必要書類を準備しておくことが大切です。そして入会金やデータ登録料、写真撮影代などを支払います。すべて合わせると10万円ほどになります。ちなみに東京でも医師や弁護士限定のラグジュアリーな結婚相談所だと20万円以上になるのが普通です。お見合い相手は自分自身でデータ検索をして探したり、アドバイザーが代わりに探したりしてくれます。お互いに理想のタイプとしてマッチングしたら、お見合いが行われます。お見合いと言っても両親が同席してのかしこまったものではなく、東京のカフェやラウンジで軽くお茶を飲みながらお話をするような感じです。実際に話してみて想像通りに良い人だったということもあれば、想像とは違ったということもあります。お互いに結婚したいと思ったらいいですが、片思いに終わることもあります。その場合はアドバイザーがまた新しいお見合い相手を紹介してくれるので安心です。失恋して落ち込むひまを与えず、どんどんお見合いを入れてくれるのが結婚相談所のいいところなのです。